”神の子”山本KID徳郁さん最期のインスタ画像。ガン闘病の詳細とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1




目次

①”神の子”山本KID徳郁さん

②最期のインスタ画像

③ガン闘病の詳細とは?

”神の子”山本KID徳郁さん

とても悔しいニュースですが、9月18日に元レスリング選手で総合格闘家の通称”神の子”と言われた山本KID徳郁さんがガンにより、41歳と言う早さで格闘家人生の幕を下ろす事になりました。本人のインスタグラムは8/26が最後の更新となっておりましたので、公開したいと思います。

格闘が好きな方ならもちろん、そうではない方もこの名前を聞いた事がない人はいないとは思いますが、【最強の格闘家】として現役時代には恐れられた山本KIDさん。私も空手をやっていたので、格闘は割と好きな方でテレビやYouTubeでいつも白熱の試合を見ていました。特にキックボクサーの魔裟斗さんとは因縁のライバルとして戦い続けておりましたね。

1977年3月15日生まれの川崎市出身で、1972年のミュンヘン五輪代表の山本郁栄氏を父に持ち、姉・美憂と妹・聖子は世界女王のレスリング一家に育ち、桐蔭学園高を中退して米国にレスリング修業。アリゾナ州王者に輝くなど実績を残して帰国すると、山梨学院大時代には全日本学生選手権大会を制し、2000年シドニー五輪出場を目指していたが、果たせず01年に総合格闘家としてデビュー。

立ち技格闘技のK―1、総合のHERO’S、DREAMで活躍しましたね。妹の聖子は大リーグのダルビッシュ有と結婚した事でも話題になりました。何故通称”神の子”と言われていたのかと言うと、自身の父親を”神”と見立てた事で自分をその神の子と名付けていたようです。すごい名前ですよね笑。まだまだ試合を観たかったので、本当に残念でならないです。




最期のインスタ画像

実は以前からインスタグラムには日常の様子を投稿しており、フォロワーの数も何と10万5千人。格闘家の友人や家族の写真などをアップしていたようです。そして8月26日の投稿を最後に途絶えており、その内容が闘病について書かれた物でした。その山本KIDさんのインスタがコチラです⇩

その最期のコメント内容が『私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています』とがん闘病中であることを公表。がんの種類など詳細は明かしておりませんが『絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!』と誓っていました。




View this post on Instagram

LEADER bike

Kid Yamamoto originalさん(@kid_yamamoto)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

MGM a.k.a magome

Kid Yamamoto originalさん(@kid_yamamoto)がシェアした投稿 –

本人自身が映っていた写真はこちらの7月9日のマウンテンバイクと一緒に映った画像と7月12日の写真が最後となります。このKIDさんを見るとそんなにガンで辛そうと言う印象は受けないですが、身体はきっと限界に近づいて事は間違いないでしょうね。そんなきついのにも関わらずに、笑っている表情を見ると本当に男気があり優しさで満ちたKIDさんで尊敬致します。



ガン闘病の詳細とは?

実は本人はガンにいつから発症していたのかも公表しておりませんし、ガンの名前ステージの詳細も一切明かしておりませんでした。それは周りへの気遣いと思われ、誰にも心配をかけたくなかったのだろうと思えます。試合中は”格闘の鬼”と化しますが、普段はものすごく優しく人だったと聞いております。

KIDさんの格闘スタイルはたくさんの弟子たちによって受け継がれていく事でしょうし、”神の子”と言われた山本KID徳郁という伝説が今後も消える事はないでしょう。

本人が一番悔しいとは思いますが、心よりご冥福をお悔やみ申し上げます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする