1年間シェアハウスに住んだ体験談!隣の部屋のKY嬢がヤバすぎる件

リアル

スポンサーリンク


お久しぶりです、おすぎです!(^^)!今回は、みんな気になるシェアハウスについて語ってみたいと思います。と言う私も実は昨年1年間実際に暮らしてみましたが、メリットデメリットそれぞれ感じました。やはり一番はどんな人達が暮らしてるの?と言うところだと思うので参考にしてみて下さい。

Contents

①【シェアハウスって実際どんなとこ?】

②【費用や入居までの流れ】

③【住んでみて感じたメリットとデメリット】

④【1年間の体験談~隣のKY嬢がヤバい!】

 

スポンサーリンク

【シェアハウスって実際どんなとこ?】

では早速私が暮らしたシェアハウスはどんなところだったのかと言いますと、千葉県でしたが都内には2駅で行ける地域(はっきりとした住所は秘密です笑)で、一軒家を改築して個室が作られたところでした。 調べたら分かると思いますが、現在シェアハウスは都内を中心に全国でも本当にたくさん増えてて、大きなマンションをそのまま使ってる大所帯の場所もあれば、古い一軒家を改築して賃料を安くしたり、最近ではシングルマザーやペット持ち専用のところもあるみたいです。

私が入居したところは新築の一軒家だったので、とても綺麗で1階には大きなリビングとダイニングキッチンがあり、料理道具なども置いてあって、好きなように使えました。炊飯器・レンジが2つずつ設置してあり、冷蔵庫は段ずつそれぞれスペースが区切られてました。

お風呂は無くてシャワールームが1階に2つと2階に1つ。トイレは1階と2階にそれぞれ2つずつありました。もちろん分かってるとは思いますが、シェアハウスなので基本全てシェアですからね(笑)!

部屋は1階に3部屋と2階に6部屋あり、いちおここにはリーダーがいて一番入居歴が長い40歳くらいの小太りの男性が始めハウスのルールや使い方などを教えてくれました。

※【実際に住んでたシェアハウスの画像】

思ってたより、意外と綺麗でしょ?もともとはどこかの会社の社長さんが住むつもりで建てたみたいなんですが、やむ負えない事情によりここに住む事ができなくなったみたいで、改築してシェアハウスにしたと聞きました。

私が入居した当時は、掃除やゴミ当番なんかも決められてなくて、気付いた人が自主的にやるみたいなスタンスだったので、とにかくリビングやキッチンが汚くて、結局誰もやる気配がないので、いつも私がほとんどゴミとか捨ててました。部屋が汚いの無理なんですよねー笑。現在は、ハウスクリーニングの方が時々入ってくれてるみたいですけど。

【費用や入居までの流れ】

入居までの基本的な流れとしましては、不動産屋にTEL内見初期費用振込鍵受渡し入居といった流れになると思います。遠方から希望の方で内見は結構ですと言う方も多いみたいですので、その場合は電話面談後合意の元で入居言う形になると思います。

という私も実は福岡からの上京でしたので、わざわざ内見に行くのにも、時間も飛行機代等もかかる為、写真でこの物件を決めて、東京に着いてそのまま一番に不動産屋へ行って鍵を貰いに行きましたね。ここの社長さんがとても親切な方だったので、車でわざわざ浜松町から千葉のシェアハウスまで高速に乗って送って下さいました。なんか懐かしく良い思い出ですな。

費用に関しましては、場所場所でバラバラですが、私の場合は初期費用は全部で10万円弱でした。

内訳は前家賃、共益費・管理費、保証金のみでしたので、とても安いのもメリットですね。

家賃は48,000円+光熱費使い放題の8,000円=56,000円です。

基本的にシェアハウスでは敷金や礼金はかからないと思います(もちろんいるところもあると思います)。

 

スポンサーリンク



【住んでみて感じたメリットとデメリット】

やはり最大のメリット家賃と初期費用が格安と言う点ですね。家を借りるにあたっては初期費用だけで、通常40万円くらいかかりますし、家賃や敷金・礼金が2か月分ずつ必要だと80万円~100万円かかる事もザラですので、それに比べるととても金銭的に厳しい方には最適な選択と言えるでしょう。

もう一つのメリットは入居までの期間が短いと言う事。普通マンションを借りるとなると、清掃や現在入居してる方の退去日の関係で1カ月~2カ月かかるのは普通ですが、シェアハウスに関しては基本的に空いてる部屋に募集をかけているので、即入居可と言うのが急を要する方には本当に助かると思います。

そして、3点目はシェアハウスによりますが、同じ住人と交流が持てると言う点です。大きなシェアハウスになるとそれだけ人数も多く中には、海外の方が入居してる事も少なくありません。実際に私が住んでたハウスにも韓国人と中国人のハーフの男の子が住んでました。様々なイベントや語学を教え合ったりするハウスもありますので、そういった交流にも積極的に出来る方でしたら、人数が多めのハウスなら楽しめると思います!

では次に、デメリットについてですが、もうこれは言うまでもなく、皆さんが一番心配してる事だと思います。一体どんな人達が住んでるのかと言う事ですね。もちろんこの世の中、変わった人はいくらでもいらっしゃいますので、ましてや同じ屋根の下で一緒に暮らすとなると、、。笑

次の章で詳しくはお話しますが、いつも騒音やドアの音などを気遣いが出来ない女性がいて、本当にうるさいなぁ~と感じてました。ですので、そういった環境に少しでも我慢できない人はシェアハウスには向いていないと思います。その点も承知の上で、住むくらいの覚悟が必要になってくるかと思います。ケンカする訳にもいかないので、、。

スポンサーリンク

【1年間の体験談~隣のKY嬢がヤバい!】

と言うわけで私は約1年間シェアハウスで暮らしたのですが、感想はとても良い経験が出来たと言う感じです。笑

先程少しお話しましたが、隣の部屋に20台半ばの女の子が住んでいました。見た目は普通の子なんですが、朝7時過ぎになると、キッチンでお弁当を作るのですが、それがもうメチャクチャで食器や鍋をガシャンガシャンと大きな音を立てて料理を始めます。他の住人がまだ寝てる事なんてお構いなしに笑。

もちろん、これだけではありません。夜帰宅すると夜中までSkypeで、大音量で友達と何時間も会話をする有様。もちろん隣の部屋の僕にまる聞こえですよー全く迷惑極まりない。

洗濯機も二日間くらい乾燥機に入れっぱなしで、その間使えない事だってありましたし。どないなっとんね~ん!

リビングで会えば『こんにちは。』と挨拶はお互いにするのですが、おそらくこういうタイプの人って悪気はないんですよねー何も気にしないと言った、まぁこれがイマドキの子なんでしょう。

他の部屋にも女の子いましたが、他の子は静かでしたね。

後は、40代の男性でかなりのヘビースモーカーの人がいて、ベランダでいつもタバコ吸っていて、吸うのは別に良いのですが、ペットボトルの中に吸い殻を毎回捨てて、そのいっぱいに溜まったペットボトルがたくさん並んでるのには、ちょっとゾッとしましたね。もしも火事にでもなったらどうしてくれるのって感じなんですよね。

と言った感じで、愚痴っぽくなりましたが、僕は心が広いのでこういったくらいの事では起こったりはしません笑。共同生活だから、色々な人がいるといるというのは覚悟でシェアハウスに住みましたので。

でも悪い事ばかりではなく、一人の大学生の男の子とは気が合って仲良くなり、生活に必要な物を貸し借りしたり、リビングで一緒にサッカー見たりする友達が出来たことは何より楽しかったです

とにもかくにも、1回は経験してみたかったので、良い経験となりました。これからシェアハウスに住んでみようかなあと思ってる方は、是非オススメします!今は本当にたくさんの物件が豊富にありますので、気に入ったハウスが見つかると思いますよ。

それでは今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました