三浦翔平主演ドラマ『会社は学校じゃねえんだよ』第4話ネタバレ感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

目次

①第4話『起死回生の盗撮大作戦』概要

②【part1】エンジニアハンティング

③【part2】盗撮大作戦

④【part3】プレゼン対決!鉄平VS山野

⑤第5話『社内激震!社長の非常なる決断』次回予告

第4話『起死回生の盗撮大作戦』概要

早くも第4話の放送がありましたので、今回もネタバレ感想を載せていきたいと思いますが、何とビッグニュースが飛び込んできましたねー主演の三浦翔平くんと桐谷美玲さんのが結婚前提の真剣交際中との報道がありましたね。まあこの件は別に詳しく書く事にしますので、第4話を解説していきたいと思います。
スポンサーリンク



大手お菓子メーカ三菓堂のコンペに参加する事になるのだが、そのプレゼンに因縁の相手、ビットエージェントの山野らも参加する事になります。山野らはもうすでにインフルエンサーを300人以上も囲っているが、それにたいして鉄平達は華子が連れてきたモデル仲間の32人。このままでは負けてしまうと考えた鉄平は起死回生の秘策を思いつく。さて、このプレゼンの勝者はどちらか!?

【part1】エンジニアハンティング

火高より出資者の泰三さんからの紹介もあり、大手お菓子メーカー三菓堂よりインフルエンサーを使ったお菓子の販売促進のコンペに参加する事が決定したと告げられるが、プレゼンに参加する企業は全部で4社あり、その中に因縁の相手、山野率いるビットバレーネクストがいる事を知ると鉄平は強く気合入れる。

そこで何と華子がモデル仲間70人弱を連れて来社すると、鉄平は大いに喜びこれで勝負できると言い、エンジニアハンティングに翔太と共に出かける。翔太の先輩にアドバイスを受け、そこで天才エンジニア堀田の存在を知り、鉄平はさっそくその堀田の元へ行くも『2億で引き受けてやる、もっと震えるような企画を持ってこい』と断られる。

【part2】盗撮大作戦

一方華子にモデル仲間から雑誌の編集部に呼ばれたのでやっぱり辞めますとの、キャンセルの電話が次々にかかってくる事に何かがおかしいと感じ取る鉄平達。そのまさかで、裏ではやはりビットバレーの社長沢辺が手を回していた。華子は自らその編集部に乗り込み仲間達に考え直してと説得するが皆聞いてもらえず困り果てる。だが、華子は諦めずに寝ずに夜通し駆け回って、何とか32人のモデル達を連れて帰ってくる

そこで鉄平はインフルエンサー300人VS32人でどうにか対抗出来ないかと必死で考え、自社に複数のカメラを設置してネットからどこからでも、女性モデル社員の仕事や普段の様子を閲覧できるサービス『のぞき見カメラ』を発案すると、すぐに堀田の元へ提案し了承を得る事に成功する。
スポンサーリンク


【part3】プレゼン対決!鉄平VS山野

ビットバレーネクストの山野は相変わらずの口調と権力を用いたインフルエンサー300人を武器に三菓堂に歩み寄り、契約をほぼ採りつける。だが、鉄平は決して諦める事無くプレゼンに闘志をもやし、サイファークリエイションとしての企画『のぞき見カメラ』を用いたプロモーションを行い、カメラが映るいたる場所に三菓堂のお菓子を置き、女子社員がそのお菓子を食べてる所を視聴者に見てもらい販促を促す、また女子社員の人気投票も行う事でモデルの成長にもなると説明。さらに最後に付加価値とも言うべきは月1回の女子社員との交流会を行うと提案しプレゼンを終える。後日連絡が入り契約を結ぶ事になり、鉄平ら全員で抱き合い喜ぶ。

勝利の祝杯を挙げてるところに、モデルの引き抜きを企んだ編集長と遭遇し『色仕掛けを使った下品の集まりね』と侮辱されると鉄平の必殺技炸裂です。『会社は学校じゃねえんだよ!!それが俺が考えた付加価値だ。』と一撃でした笑。

でも当時この企画を考えた社長さんって本当にすごいですよね。普通ならこんな芸は考えもつかないけど、本当にユーモアに溢れていたんだと思います。シーンの途中でちょいちょい火高と華子2人で話してる場面が出てくるんだけど、おそらく火高は華子の事が好きで、でも華子は鉄平の事が好きだと思うし、この恋の行方もどうなるのか気になる所ですね。と言う訳で今回の第4話は終了です。

第5話『社内激震!社長の非常なる決断』次回予告

次回は早くも第5話ですね。話は2年後に飛び、会社の大きな成長につれてたくさんの問題も発生してきます。鉄平は次の新たな事業を考えるがその開発費用が何と10億円程必要になるという。沢辺からのインフルエンサー事業の買収の話などなど……さて今後サイファークリエイションがどうなっていくのか目が離せませんね。ではまた次週も楽しみにしておきます。それでは!
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする