スポンサーリンク


札幌の会社員 佐藤誠司容疑者(33)は、4月4日未明すすきのの路上で東邦交通タクシーの防護版を殴って壊したとして、器物損壊の現行犯で逮捕されました。泥酔状態で大暴れしてる様子がドライブレコーダーに鮮明に録画されてましたので、公開したいと思います。

Contents

①器物損壊の現行犯で逮捕

②佐藤誠司の大暴れドラレコ動画公開!

③自粛ムードの中すすきので泥酔状態

スポンサーリンク

 

器物損壊の現行犯で逮捕

ドライブレコーダーが衝撃の瞬間をとらえていました。札幌市内を走るタクシーの車内で大暴れする男が、アクリル製の板を壊したとして逮捕されました。

4日の未明、札幌のすすきので停まったタクシー。客の男が運賃を支払おうとしたのだが運転手が「あと510円ですね」と話すと突然「わかってるから殺すぞ」と逆上。さらに「何笑ってんだ、おりるか」そして次の瞬間「ドン!」と運転席と後部座席を仕切るアクリル製の板を殴って破壊しました。

厚さ6ミリほどあるアクリル製の板は割れ、鉄製のフレームは大きく曲がってしまいました。車内で大暴れしたのは、札幌市東区の33歳の男。器物損壊の疑いで、現行犯逮捕されました。

スポンサーリンク 


佐藤誠司の大暴れドラレコ動画公開!

それでは、大暴れ男の一部始終の動画はコチラです⇩

男:「降りるかコラ」

 運転手「何もしてないですよ」

 男:「てめーがマウントこいているからだろ」

 防護版を殴り大きな声を上げる男。

思いっきりアクリル板を殴って、一瞬で割れてましたね。物凄く思いっきりいったのでしょう。さらにはタクシーの運転手にも掴みかかっています。本当に狂暴で恐ろしいかぎりです。

スポンサーリンク

自粛ムードの中すすきので泥酔状態

タクシー会社によりますと、容疑者の男は札幌市西区で乗車し、酒を飲んだ状態だったということです。東邦交通の林章営業部長は「普通は力を入れても割れるものじゃない。いままでも割れたことない」と話し、「もっと強度なもの用意しなきゃならないのか・・・安全な状態であることが1番なんですけど、こういものがないとドライバーを守っていけない状況がいまなのかな」と頭を抱えます。

なぜ突然、逆上したのか。容疑者の男は警察の調べに対し「運転手の態度に腹を立てた」と話しています。タクシーの運転手の男性は、割れたアクリル板の破片で顔を切る全治2週間のけがをしました。警察は傷害の疑いについても調べを進めています。

札幌市も新型コロナの感染が拡大している中で、すすきのの飲み屋でお酒を煽っていたとは何という事でしょう。運転手は逆上させるような事はしてないと思うのですが、泥酔状態で気持ちが大きくなりすぎて、やっていい事と悪い事の区別さえもつかなくなるほどに飲んでいたのでしょう。

お酒を飲む時は人に迷惑かけずにお酒に飲まれないように気を付けましょうね。

今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク