class="post-template-default single single-post postid-1546 single-format-standard custom-background categoryid-2" itemscope itemtype="http://schema.org/WebPage">

【県別速報】市立小中高校の新学期延期決定!ママ悲鳴と文科省の対応は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

都内で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が増加している状況を踏まえ、都教委は4/1臨時会を開き、連休が明ける5/6まで、都立高校や特別支援学校などの臨時休校を延長する方針を決めました。と言うわけで他県の情報やママさん達の声をまとめてみました。

Contents

①【県別】市立小中高校の新学期延期決定速報!

②ママさん達の声は?

③文科省の対応はどうなるの

スポンサーリンク 


【県別】市立小中高校の新学期延期決定速報!

小中高生のお子さんがいらっしゃるご家庭は、新学期が始まるのか気が気でないと思います。特に入学する場合はたくさんの準備も必要ですし、今後の学校生活やお友達とどうなるのか等様々なお悩みが出てきますよね。

東京都内はすべて新学期延期と言う事で、他都道府県はどういった対応に決まったのか、調べてみました。(※4/3現時点での情報ですので、最終判断は各自よろしくお願い致します。)

北海道】予定通り

関東

  • 東京都…東京都立学校はGWまでの休校延長
  • 埼玉県…予定通り
  • 千葉県…市川市GWまで延期。東庄町内は1週間延期
  • 茨城県…予定通り
  • 群馬県…5月7日まで延期
  • 神奈川…県立学校2週間程度延期。市立は協議中
  • 栃木県…特に発表なしなので、予定通り?

関西

  • 大阪府…5月6日まで延期。地域によっては登校日あり
  • 兵庫県…予定通り
  • 京都府…協議中
  • 奈良県…予定通り
  • 三重県…鈴鹿市は1週間延期。他は協議中
  • 和歌山県…田辺・西牟婁は13日に延期。
  • 滋賀県…予定通り

中部

  • 愛知県…豊田市は13に延期。他は予定通り
  • 静岡県…協議中
  • 岐阜県…予定通り
  • 山梨県…予定通り
  • 長野県…予定通り
  • 新潟県…予定通り
  • 富山県…予定通り
  • 石川県…予定通り
  • 福井県…協議中

東北

  • 青森県…予定通り
  • 秋田県…由利本荘市内の全中学校11日に延期。他は予定通り
  • 岩手県…予定通り
  • 山形県…米沢市協議中。他は予定通り
  • 宮城県…七ケ浜町町立小中学校20日に延期。仙台高・六郷中は当面延期。他は予定通り
  • 福島県…予定通り

四国

  • 愛媛県…予定通り
  • 徳島県…予定通り
  • 高知県…予定通り
  • 香川県…予定通り

中国

  • 山口県…予定通り
  • 島根県…予定通り
  • 鳥取県…予定通り
  • 岡山県…予定通り
  • 広島県…予定通り

九州

  • 福岡県…福岡市20日まで延期。県立は5/6まで。
  • 佐賀県…予定通り
  • 長崎県…予定通り。諫早市は協議中
  • 熊本県…GW明けまで延期
  • 大分県…予定通り
  • 宮崎県…予定通り
  • 鹿児島県…予定通り

沖縄県】予定通り

4月3日現時点の公表されている情報でございますので、ご自分の地域の学校に関しましては。延期の場合は学校から連絡が来ると思いますので、そちらのご確認をお願い致します。

各都道府県見た感じは、やはり一番人口が多い都会ほど、始業式の延期が見受けられます。逆に田舎の人口が少ない都市の方がやはり罹患率の小さいので、予定通りが学校も始まる地域が多いですね。

スポンサーリンク


ママさん達の声は?

yahoo!ニュースなどのコメントを覗くと、やはり賛否両論ある様で、子供の安全の為には休校は正しい判断と言う方や、子供もずっと家にいてストレスになり親子喧嘩が増えたと言うような声も聞こえました。私の持論は都心部程、罹患率が高い傾向にあるので、都市部の学校は延期にした方がいいのではないでしょうか。

確かにニュースでよく出てくるシングルママの家庭は働かないと経済的に苦しい方もいらっしゃるのは事実なので、国がそこはやはり補助できないかなぁなど思ったりします。でも本当に各自治体難しい決断だと思います。とりあえず、感染してしまったら元も子もないので、自分自身しっかり、出来る事は行っていきましょうね。

スポンサーリンク

文科省の対応はどうなるの

4/1に新学期からの学校再開をめぐり、自治体が新学期以降の対応を判断しやすいよう文部科学省がまとめたガイドラインの見直し案が判明し、感染者がいない学校も含めた地域一斉の臨時休校の考え方が盛り込まれています。

文部科学省がまとめたガイドラインの内容をより具体化した見直し案では、児童・生徒などの感染が判明した学校での臨時休校の考え方として、症状が出た状態で登校していたかや、感染者が屋外で主に活動していたか、狭い室内で特定の少人数で活動していたかなど、臨時休校の実施を判断する際の具体的なポイントを提示しています。

そして感染者がいない学校も含めた地域一斉の臨時休校の考え方が新たに盛り込まれています。具体的には、新規の感染者数や感染経路が明らかでない感染者が急増している地域では、感染者がいない学校についても検討が必要だとして、児童・生徒が電車などの公共交通機関で通学している学校では時差通学や分散登校などの工夫を検討することや、感染が「拡大傾向にある」地域では、地域の感染状況に応じて、自治体の長が地域全体の活動自粛を強化する一環として、学校の設置者に臨時休校を要請することも考えられるとしています。

政府もまだまだパニック状態の真っただ中なので、これくらいしかできないのでしょうね。

それでは今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする