『8つの迷路王国 in 幕張メッセ』の初日レポ!各アトラクションや料金は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

スポンサーリンク


いよいよ夏休みが始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか?各地で様々なイベントが開催されていると思いますが、今回は千葉の幕張メッセで始まりました『8つの迷路王国』へ行ってきましたので、料金と開催期間や初日の各アトラクションのレポをしたいと思います。

Contents

①『8つの迷路王国 in 幕張メッセ』

②各アトラクションのご紹介

③料金・開催期間・アクセスについて

④まとめ ~ 感想 ~

スポンサーリンク


『8つの迷路王国 in 幕張メッセ』

いよいよ7月20日から始まりました『8つの迷路王国』とは、エイドリアン・フィッシャーと言うイギリスの天才迷路デザイナーであり、アトラクションクリエイターとして世界中の迷路デザインやアトラクション制作をしている方が手掛け、合計8種類の特徴ある迷路が勢揃いする、日本最大級の迷路エンターテインメント。

ですので、迷路好きにはたまらない程のそれぞれ異なる、面白いデザインに仕上がっており、子供から大人まで楽しめる迷路となっております。会場には、迷路だけではなくトランポリンやスライダーの他、フードコートも完備してありますので、ご飯やアイス等も食べる事ができます。

それでは会場の熱気ある様子を、写真たっぷりでご紹介していきたいと思います。完全ネタバレですので、これから行くので見たくないと言う方はちょこっとだけにしといて下さいね。
スポンサーリンク


各アトラクションのご紹介

会場の中に入って行くと、ちょうどお昼頃でしたがすごい人でした。さすが夏休み初日です。とても広い屋内の中にそれぞれの迷路がところ狭しと作られています。

チーバくん迷路

千葉県PRマスコットキャラクター『チーバくん』の形をした巨大迷路。千葉県の形をしたチーバくんのカラダの中を通って、真っ赤な通路の中を巡り、スタートの足からゴールの鼻まで目指します。

不思議の国のアリス迷路

不思議の国のアリス』をモチーフにした子供向けの迷路。周囲を植栽で囲い、迷路内には物語に登場するキャラクターが待ちうけている。入口が2カ所ありそれぞれ写真を撮れる風景が違うので、2回入ったがいいかも。これは迷路と言うより写真を撮る事に重点を置いた物ですね。ただ、みんな並んでいるので、時間かかります。インスタ映えして下さいね笑。

恐竜迷路

迷路の中に、動き、吼える恐竜(ロボット)達が出現する迷路。3体の恐竜たちの間をすり抜けながら、ゴールを目指そう。大人気のティラノサウルスも登場!歩いている時に突然大きな音が鳴ったり、恐竜のリアルな動きを見ながら、迷路を巡っていきます。

ふわふわ迷路

エア遊具で出来た、小さな子供向けの迷路。カラフルでぶつかっても痛くないふわふわ迷路の中を巡っていきます。よくこんな大きな風船迷路を膨らませているなぁと感じました。

マジックミラー迷路

エイドリアン・フィッシャー氏がデザインした鏡による迷路。どこまでも続くような幻想的な迷路で、何人もの自分の姿が鏡に写り、鏡の壁に騙されながら迷路を攻略していく。実際の大きさ以上に広く感じる不思議な迷路。これはみなさん一度はした事あると思いますが、いつも鏡に激突しそうになりますよね笑。くれぐれも走ってぶつかって、怪我しないように気を付けて下さいね。

からだ迷路

巨大な人体を模した迷路。頭から入りお尻から出てくる。内部はパネル迷路になっていて、カラダの働きを学びながら進んでいく。出口には子どもたちに大人気の○○○が待っている!これが一番私的に楽しめましたね。各内臓の解説を読んで行きながら、消化されながら排泄までの工程を表してます。


スポンサーリンク


レーザー迷路

全米で大人気のレーザー迷路!スパイ映画のように、室内に張り巡らされたレーザーに触れないように進み、奥にあるボタンを押して戻ってくる。クリアした時間とレーザーの結果で得点が表示。実はこれやりたかったんですけど、何と120分待ちの為、見送りました。やりたかったなー。

忍者迷路

忍者をテーマにした迷路。からくりの壁や抜け穴など、様々な仕掛けが用意されていて、頭を使って忍者のようにすり抜けないとゴールにたどりつけない。実はこの迷路、人が多すぎてどこにあるのか分からず見逃してました笑。これも入りたかったです。

会場マップ

迷路以外の施設

フードコート

メニューについては、迷路弁当(800円)・カレー(600円)・焼きそば(500円)・唐揚げ・アメリカンドック・ソフトクリーム・チュロス等色々あります。でもやはりちょっと割高ではあるので、お弁当を持っていくのも良いもしれませんね。席は十分に用意されてます。

【トランポリン】

こちらで遊ぶ際は、入場料とは別に400円の利用料がいります。しかも4分間です笑。

【スライダーすべり台】

こちらも別途料金300円かかります。かなり並んで待ち時間がかなりかかります。


スポンサーリンク


料金・開催期間・アクセスについて

料金について

次に料金ですが、当日券は会場で購入する事ができます。実は開催前だったら前売り券が300円引きで購入できたのですが、今はもうやっていないようです。

ですが、唯一セブンチケットでは親子ペアチケットが購入できます。ネットからの会員登録とネット予約していただくと、200円引きで購入できます

当日券料金

  • 大人 (中学生以上): 1,800円
  • 小学生         : 1,000円
  • 幼児 (3歳以上)   :  600円

※2才以下は無料。障がい者手帳をお持ちの方とその同伴者1名は無料。

セブンチケット限定

  • 大人1名+小学生1名:通常2,800円→2,600円
  • 大人1名+幼児1名:通常2,400円→2,200円

詳しくはコチラから⇒セブンチケット

開催期間

2019年7月20日(土)~9月1日(日)

9:30 ~ 16:30(最終入場 16:00まで)

アクセス

場所 : 幕張メッセ 国際展示場 展示ホール11

電車でお越しの方

JR京葉線・武蔵野線 海浜幕張駅より徒歩約5分
(東京駅から快速利用で約30分、蘇我駅から約12分)

JR総武線・京成線 幕張本郷駅からバス約15分
(幕張メッセ中央行き、または海浜幕張駅行き)

お車でお越しの方

・東京方面から 東京都心・羽田空港方面から約40分。
湾岸習志野I.C(東関東自動車道)または幕張I.C(京葉道路)から約5分。

・成田空港方面から 新東京国際空港(成田)方面から約30分。

湾岸千葉I.C(東関東自動車道)から約5分。

駐車場のご案内

約5,500台収容 / 1日1,000円

幕張メッセ駐車場8:00~23:00(入庫は21:00まで)
スポンサーリンク


まとめ ~ 感想 ~

初日に行ってみましたが、とても多くの方が来場されてました。と同時にやはり人気のアトラクションに関しては、待ち時間も120分とかなり長い待ち時間が必要になりますね。

ただ肝心の迷路なんですが、一つ一つがとても短か過ぎるのと、迷路の中に人が多くいるので、あまり迷う事もなくこれ迷路なのか?と思うほどに単純に攻略できる構造でした。

何か想像してた物とはかけ離れているし、こんな事あまり言いたくないですが、行ってみると分かりますが、おそらく皆さんが思っている程に楽しめないと思います。

スタッフの方も多少は時間の間隔をあけて入場させてはいるのですが、結局迷路の中で込み合い他の方の後ろを付いていくと言った感じにどうしてもなってしまうので、ただ通路を歩いているだけといった感覚でした。

確かに迷路の8つの種類とデザインに関しては面白いなあとは思いましたが、このクオリティーでこの料金では高すぎますね笑。前々から楽しみにしていた分ちょっとガッカリでした。

ですが、未就学児くらいでしたら家族みんなで楽しめると思いますので、エンジョイして下さい。

最後に公式ホームページのリンクを張り付けておきますので、詳しいお問い合わせはこちらからご覧ください。⇒【8つの迷路王国】

それでは今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする