おすぎ
おすぎ
こんにちは、おすぎです!今回は誰でも簡単にできる、半日ファスティングのやり方について解説します。
美容に良いって聞いたけど、他にはどんな効果があるのかも教えて!
■Contents

①半日ファスティングの具体的なやり方

    ①-1  夜20時以降は食べない

    ①-2  朝は排泄の時間です

    ①-3  【重要】注意すべきこと

②実際に期待できる効果とは?

    ②-1  アレルギーへの効果

    ②-2  ダイエット効果

    ②-3  美肌効果

    ②-4  うつ・ストレスへの効果

③私がファスティングを続ける理由

スポンサーリンク




①半日ファスティングの具体的なやり方

ファスティングとは、絶食ではなく、食事を植物発酵エキスに置き換え、その間に内蔵を休め、体内をリセットさせ解毒作用を促すものです。

消化器系などの様々な内蔵を休め、体内にたまった毒素や老廃物を排出し、カラダが持つ人間本来のパワーを取り戻す健康術です。

実際にたくさんのアスリートの方やモデルさんも実践中で、病院でも絶食療法が取り入れられております。

夜20時以降は食べない

通常のファスティングでは、3日間~14日間といった期間で行っていくのですが、お仕事が忙しい方々の為におすすめなのが、近頃プチ断食とも言われる【半日ファスティング】や【朝食ファスティング】です。

まず【半日ファスティング】では16時間何も食べない時間帯を作ります。16時間と聞いて『ええ、そんなに無理、、』と感じる方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、とてもシンプルで本当に簡単です

上の図を参考に、夜20時~次の日のお昼12時までの間だけ固形物を食べないと言う事です。

一般的な昼職の方を例にしてお話していきます。夕方帰宅して夜ご飯を食べてから、その後20時以降は何も食べません。その代わりに酵素飲料を準備します。

おそらく、皆さん仕事で疲れてて早く寝ますよね?私もいつも疲れ果てて、21時半くらいにはベッドに入ってすぐ寝ちゃいます笑。夜更かしは美容の天敵ですので、22時には寝るようにしましょう美肌のゴールデンタイムってやつですね!

 

朝は排泄の時間です

朝は消化吸収と排泄のメカニズムから考えると、主に排泄の時間帯だといわれており、起きてからすぐはまだ消化機能も目覚めていないので、重たい食事は胃腸にとって負担になってしまいます。

そのため、朝こそファスティングにぴったりのタイミングですね。朝食の代わりに栄養素満点の酵素飲料を身体に摂り入れます。もう一つ、午前中は良質なお水1リットルはこまめに摂っていくようにしましょう。

初めのうちは、今まで毎日朝食食べるのが普通だったから、食べないと『はぁ、お腹空くな~』と感じるかもしれませんが、半日ファスティングを1週間程続けていくと、お腹も空くこと無くなるし、今まで食べ過ぎてたんだと気付くようになるので、それまでの我慢です。

消化に使われるエネルギーを脳などの働きに回すことができるため、1日のスタートから身体が軽やかになって、パフォーマンスが変わってくることでしょう。

ちなみに酵素飲料は何飲んだらいいの?と分からないと思いますので、別のブログで詳しく解説しておりますので、そちらをお読み下さい。

■合わせて読みたい■

 

【重要】注意すべきこと

ファスティングを行う上で一番重要なのが『その後、、』なんですね。というのも、せっかく頑張って胃腸に負担をかけず頑張ってるのに、お昼ご飯でいきなりがっついて脂っこい物を大盛食べちゃったりしてしますと、はい、リバウンドです。

空っぽの胃腸に一気に負担かける事になり、血糖値も上がるしもったいないですよね。ですので、なるだけ消化の良い物や野菜・果物・海藻類などを食べるようにしましょう。

もちろん友達や家族とのお付き合いや、たまには焼肉たべたいなって事もあるので、自分で無理しない範囲で続けていく事が大切だと思います。だんだん慣れてくると、曜日などを設定して平日や週末だけとか、自分なりの型を作っていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

②実際に期待できる効果とは?

日々続けていく事によって、半日ファスティングだけでも様々な効果が医学的にも証明されてきてますね。老廃物や宿便が排出されるだけでなく、飢餓状態を細胞が感じる事によって、オートファジーが起こり自分を守ろうとする反応から体質を改善し、病気や症状を治す治癒力として現れてきます。

オートファジーとは、酵母や植物、動物など、すべての真核生物に備わっている細胞内の浄化・リサイクルシステムです。 細胞内の変性タンパク質や不良ミトコンドリア、さらには細胞内に侵入した病原性細菌などを分解して浄化することで、さまざまな病気から生体を守っています。

 

アレルギーへの効果

とくに外敵に負けない強い体を作るためにも免疫力を高めたいという方には、ファスティングによる、体質改善が必須だと思っています内臓機能を休めることで、他の細胞や臓器にエネルギーが回るようになるので、免疫力を整えていくことができます。

実際に私もアトピーが改善した事の一つに【痒みが減った】と言う事があげられます。ファスティングを知る前までは、アトピコが食べてはいけない物ばかりを暴飲暴食していましたし、マックやラーメンも大好きでした。

ですが、食べる量を減らしていくうちに、不思議とかゆみが減っていきました。これには私が一番驚きましたし、実証済みですので是非実践されて下さい。

 

ダイエット効果

ダイエット効果については説明しなくても分かると思いますが、シンプルに一食減らすだけでインスリン値が低い時間を確保でき、体重の基準値が下がるので自然と痩せやすい身体作りが出来るようになります。

ダイエットの基本は食事と運動ですので、とくに代謝を高めることがポイント。そこにプラスして酵素を摂り入れる事で、代謝酵素が優位に働き燃焼にエネルギーを費やす事ができますね。

またファスティングを行う事によって、身体の中の糖が尽きてしまい、その代わりに脂肪をエネルギー減として使用されるので、糖分を摂らないようにする事も痩せるポイントです。

 

美肌効果

空腹時間が12時間以上になると、若返りホルモンと言われている成長ホルモンが分泌され、アンチエイジング効果でお肌もキレイになることが期待できます。

肌は腸の鏡】ともいわれるように、腸がキレイだと肌の状態も良くなります。また、胃腸の状態が整うと栄養吸収も良くなり、肌細胞のすみずみまで栄養が良くいきわたるようになります。

その結果、メイクのノリも良くなるという方が多いですよ。これは割とすぐに実感できると思いますので、根気よく続けていきましょう。美肌で人生は変わります!

 

うつ・ストレスへの効果

実は腸は【第2の脳】と言われるほどに、脳と腸は親密な関係で繋がっており、うつ病やストレスなども腸から引き起こされる事が分かっております。

「腸管神経」は約1億個の神経細胞が存在し、その数は脳に次ぐほどで腸のコントロールは、脳が全てを支配しているのではなく、腸自らが判断を下す機能を持っています。

例えば、「緊張するとお腹が痛くなる」と言った経験ありますよね?これは、脳がストレスを感じると腸に何らかの異変が起きることがあります。うつに悩む患者に、便秘や下痢が多いというデータも報告されています。

幸せホルモンとも呼ばれている【セロトニン】という物質は、9割が腸管で作られてますが、腸が老廃物だらけだとそのセロトニンが作られる量がわずかでその結果、うつ病に繋がります。つまり、腸は幸福で安定した精神状態に大きく影響していると言えるでしょう。

改善方法としては、ファスティングで腸をまず綺麗にして、善玉菌が優位に働くようにする事が大切です。その為には、発酵食品である酵素飲料を摂り入れ悪玉菌を抑える事。

後は規則正しい生活を心がけて、睡眠をしっかり取るようにしましょう。うつ病はなかなか一筋縄では解決する物ではありませんが、一歩ずつできる事からやってみて下さいね。

③私がファスティングを続ける理由

私が今でもファスティングを続けてる理由は、アレルギー症状が次第に改善されていった事で私自身生まれ変われる事ができたからです。約30年間以上、アトピーに悩ませられ続けましたがたった1年で体質が改善された事に驚きました。

現代の西洋医学では、対症療法が基本で病気の方々は薬漬けにされております。もちろん、薬は必要な物ですが、逆に『クスリ=リスク』でもあります。ずっと長年ステロイド軟膏を体中、顔中に塗り続けましたが、結局治る事はありませんでした。

ここまで私が発信してるのは、ファスティング未来の可能性を感じているからです。もちろんすべての病気が完治するとは思ってませんが、実際にガンや動脈硬化までも改善してる方もいらっしゃいます。

もし、現在身体の不調で悩まされている方がいれば、是非一度このファスティングを生活の一部に取り入れていただき、体質改善に挑戦していって欲しいと思います。

長くなりましたが、今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク